水彩工房でリフォーム

TOTOリモデル・水彩工房苫小牧西店で安心リフォーム!

水彩工房はTOTOが認定した「地域優良特約店」です。
苫小牧市指定工事店で水まわりリフォームは安心!
水まわりリフォームは最も得意な分野ですが、家の事なら全ての範囲で対応しております。高断熱窓で家を暖かくするリフォームもお任せください。お問合せをお待ちしております。

水まわりリフォーム

水まわりリフォームは当社の最も得意とする分野です。
受注前のプラン設計から始まり施工まで一貫した「自社責任施工」で好評をいただいております。
特に築年数の古い建物で多くある「劣化した給排水設備」等を発見した場合では即座に対処して後に影響を及ぼさない改修を実施しています。


特にユニットバスの施工ではUB全体を囲う工法を採用して保温性を上げています。
これにより北側面にシャワーを設置しない従来の凍害対策施工を見直して自由な配置を実現できました。

窓のリフォーム・WarmRemodel

古い窓から逃げる熱は家全体の約5~6割以上を占めると言われています。これは冬季間に消費するエネルギーの料金に換算すると数十万円に達するかも知れません。
家が寒いなら暖房の温度を高くするのではなく、寒さの原因の「窓を取り替える」方へ考えを切り替えましょう。
私たちは既存の窓を高断熱化して、省エネルギー機器の設置も併せて提案する「WarmRemodel」部門を立上げ提案を積極的に行っています。
断熱性を高めると省エネ機器が使えて暖かくなり、光熱費が節約できるというメリットがあるからです。
中でも平成の中頃までに建てられた家やオール電化住宅に住まれていて窓が古いお宅は是非参考にして頂けると幸いです。

【高断熱窓は重い!】 
最近、断熱窓の入替又は2重窓の取付施工をして特に感じるところがあります。
それは最近の窓は「本当に熱が逃げない、冷気が入らない」を実感できて部屋が暖かくなることです。
その裏付けとして窓の質感・重さを感じます。

取付前の窓枠を持ってみたところ以前の樹脂サッシよりも「かなり重い」感覚があります。
前は一人で持てたサイズが二人でやっと持てるほどの重量です。
これはサッシ枠だけの話ではなく、複層ガラスは更に重く必ず二人作業になります。二階窓の場合は足場が必須との理由が分かりました。複層でこの重さなら、トリプルはどんなだろうかと考えてしまいました。
取付後の使用感は個人差はありますが、開け閉めの際には若干重さを感じることがあります。

外壁の上貼り、貼替はちょっと待った!

ポイント 
古い窓から逃げる熱は家全体の約5~6割以上を占めると言われています!
また逆に冷気を吸い込む割合も全体の7割に達する数値が報告されています。
実際に窓を替えたお宅では、同じ暖房機器使用で室温が以前より4上がった家があります

外壁を上張りすれば窓は替えなくても暖かいと言われたのですが本当でしょうか!

外壁材の上貼りだけで寒さは解消されません。ご予算の関係もあると思いますが、最低限ガラス(複層)や2重窓に替えたほうが断熱の効果は上がります。

窓の改修には次の方法があります。
既存の窓(玄関ドアも同時に)を撤去して新しいものと取り換える。
②既存の窓の内側にもう一枚窓を設ける。※二重窓工法
真空度が無くなったり、封入したガスが抜けたガラスのみを交換する。

いずれも差はありますが効果が期待できます。
取替えるペアガラスにはアルゴンガスが封入されます。※オプション
アルゴンガスは熱伝導率が低く部屋の熱を逃がさない効果があります。
②の内側二重窓の採寸と施工は簡単です。
現地での寸法取り5分、取付作業時間は1時間/箇所当たりで済みます。
※資料はLIXILインプラス、製作納期に2週間程度掛かります。

国から補助金が出るほどの性能です。とにかく暖かくなる「窓断熱」!